バイアグラの個人輸入は難しくない?

バイアグラの個人輸入は誰でも利用できるか

個人輸入は誰でも利用できるか
数年前までは、まだまだ一部の人達が利用する程度の通販であったオンラインショッピングが、通信機器の発達や、低価格化、使い方の簡易化などによって、今ではほとんどの方が、一度は利用した事があるといっても良いインターネットを使った通信販売の方法です。オンライン上は通販のお店でごったがえしています。世界に広がる大きな大きな(無形の)ショッピングモールといったところです。 本物のbaiaguraも本物のシアリスなどの医薬品も通販で売り買いがされる時代になっています。欲しい物はほとんどがオンラインで簡単に手に入るようになりました。大きなチェーン店だけにとどまらず、小さな個人経営のショップに至るまで、店舗経営とオンライン販売を平行して行なっている場合が多いですね。時代は大きく急に変化しているのである事を、通販の短期間での変化の中に感じる事ができます。

個人輸入は、漢字を見ればお解かりのように、個人が輸入すると言う事です。海外に旅行に行って、海外で購入したものを国内に持ち込む事も、大きなくくりで見るなら、個人輸入ということになります。商社などが利益などを目的としたビジネスの為に、ある程度まとまった量の品物を海外から国内に輸入する場合とは違って、個人輸入とは、あくまでも個人が個人で使用すると言う名目で品物を国内に持ち込むという事です。利益を目的としていないということで免税枠があるのが個人輸入のひとつのポイントでもあります。バイアグラ個人輸入の場合も、個人使用であることが大前提です。

現在の個人輸入は、ほとんどの場合が個人輸入代行を行う業者を通して行われています。世界中の多くの方たちが様々な品物の購入手段として利用しています。特に個人輸入代行を利用すれば、手軽に、居ながらにして欲しい物が手に入る為、バイアグラを個人輸入代行する関連サイトの数も今や相当なものとなっています。インターネットで通販を利用する事ができる人であれば、基本的には誰でもできるのが個人輸入です。もちろん、品物によっては、成人以上でなければ販売できないものや、専門知識を要するものなど複雑なものもありますが、そのような限定品でなければ、誰にでも利用できるのが個人輸入です。

通販でバイアグラまたはED薬を購入したい時は、日本に暮らす人は海外から購入する方法でバイアクラまたはシアリスを購入する事ができますが、その海外からのバイアグラ通販の事をバイアグラ個人輸入代行などと呼んでいます。日本で販売されている高価なブランド品のバックや酒類、タバコなどを、海外旅行に行った方がお土産としてよく買ってくることがありますが、簡単に言えばこれが個人輸入になるわけです。

ED治療薬個人輸入業者の行うネットショップ >>


バイアグラの購入はこちら >>


あなたはバイアグラを知っていますか?

バイアグラの名前は今では広く知られていますが、その内容について正しい知識のある方は実はそう多くはありません。バイアグラの効果や副作用を正しく理解し、治療の選択肢を広げましょう。


もともと狭心症の治療薬として開発

バイアグラはED(勃起不全、勃起障害)の治療薬のひとつです。EDとは、男性が満足できる性行為のために充分な勃起、そしてその維持ができないという状態のことを言います。バイアグラは男性用機能障害治療剤なのです。バイアグラは、アメリカのファイザー社が開発し、1998年に発売されました。バイアグラはもともと狭心症の治療薬として開発されていた薬剤でしたが、結局、狭心症への効果が認められませんでした。ところが、勃起を促進する効果が発見されたためにFDAから正式承認を受けました。バイアグラは商標名で、正式な名前は「シルデナフィル」と言います
発売直後から話題になり、「夢の薬」と呼ばれ、多くの男性に愛用されるようになりました。
日本では、ファイザーの子会社であるファイザー製薬が1998年に厚生省に承認申請が開始されて、1999年1月に日本国内での製造と輸入が承認されました。異例の速さで医薬品として承認された訳です。
バイアグラは公的な保険の対象外の薬剤です。費用は全額自己負担になります。

狭心症の治療薬として開発


バイアグラの成分シルデナフィルの特徴そしてその効果

男性が勃起する際、まず脳が性的刺激を感知して、血管を広げる作用のなる物質がペニスの中で増えることによって海綿体に血液が流れ込むことで起こります。刺激がなくなると、血管を広げる作用のなる物質を分解する酵素の「PDE5」が分泌されて海綿体の中の血管が元に戻ることによって、通常の状態に戻ります。
シルデナフィルは、この「PDE5」の働きを抑えてくれます。そして勃起した状態をキープさせてくれるのです。
バイアグラは性行為の1時間ほど前に水と一緒に服用します。一度服用したら、次の服用までには1日以上時間を空けて下さい。バイアグラを服用する直前に食事をすると、薬の効果が薄まるとされています。バイアグラの服用は食後2時間以上を空けてからがベストです。過度の飲酒もバイアグラの効果に影響しますので、注意が必要です。バイアグラの効果は5、6時間持続します。
バイアグラは錠剤の薬剤で、25mg、50mgの2つがあり、それぞれ2錠づつ包装されています。服用を始める時は医療機関を訪ねて、医師と相談してどちらの錠剤を服用するかを話し合います。65歳以上の方、肝障害のある方は25mgから服用を始めましょう

成分シルデナフィルの特徴そしてその効果

バイアグラには併用してはいけない薬剤と副作用

バイアグラには併用してはいけない薬剤があります。通常飲んでいる薬がある方は、医師に必ず報告して、確認することが必要です。持病のある方、手術歴のある方も、そのことを必ず医師と確認してから服用を始めるようにして下さい。
特に狭心症の治療に使用される硝酸薬を服用している方は、血圧が上がり、大変危険ですので、絶対にバイアグラを服用しないで下さい。心血管系障害の方、低血圧の方、脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などの6ヶ月以内に既往歴がある方々もバイアグラを服用出来ません。
バイアグラを服用するとめまいや視覚障害がおこる可能性があるので、車の運転には注意が必要です。
バイアグラの副作用には、顔のほてり、頭痛、消化不良、動悸、発疹などがあります。副作用があったら、医師と服用量を相談しましょう。

併用してはいけない薬剤