勃起不全薬には、併用したらいけないことがあります

勃起不全薬と併用禁忌薬

医薬品

口から飲んで摂取ED薬が出るまで勃起不全の男性は注射や手術による治療を受け、性生活を楽しんでいました。しかし、経口用勃起不全治療薬の発売以来この薬は高い満足度を得ると共に、これまでのどんな治療法よりも効果的にED治療に貢献したと報告されています。ところが、ED薬であるバイアグラとシアリスには、併用したらいけない薬があります。硝酸薬は心臓の周りにある冠動脈に流れる血液の量を増やすことで、身体内の血管抵抗を減らし結果的に、心臓への負担を軽減する効果がある薬です。

心臓の薬である三硝酸グリセリン(ニトログリセリン)と呼ばれるこの薬と併用すると、大きい健康被害に遭ってしまいます。さらに最悪の場合は、死に至ることもあります。もし硝酸薬を継続的に服用しており、必然的にED治療薬を使用する場合は必ず服用前に医師に相談してください。硝酸薬を服用していなくてもバイアグラを服用した状態で心臓に重大な無理が生じた場合、救急医療機関ではまず最初に硝酸薬の種類を使用します。これは急激な血圧降下の原因となり患者に問題が発生する可能性があるそうです。このような理由から、心臓に疾患のある人はED治療薬の使用には注意をしなければなりません。

経口用ED治療薬を服用するようになったら、血管拡張薬によって血圧が急激に低下する可能性があるという事実をパートナーに事前に伝えておきましょう。そして問題が発生した場合に連絡がつく担当医とのホットラインをあらかじめ考えておく必要があります。

また、注意欠陥多動性障害の治療薬や一部の抗うつ薬を一緒に服用すると、高熱などの副作用が発生する場合があります。

薬の説明書には、この部分について詳細に説明してあります。担当医に併用禁止薬について相談することも重要ですが、まずは使用者ご自身がインターネットで検索して併用禁止薬リストを読み、注意する必要があります。 ご注文はバイアグラ通販をする輸入代行店を利用して試してみましょう。 スマートフォンでも簡単に関連情報をオンラインで見つけることが出来ます。