ED薬の個人輸入は難しくない?

ED薬の個人輸入

安価で購入することも可能
近年は国内産医薬品が高額な場合、それを安価な海外産医薬品で代用する人が増えてきています。

いい例がバイアグラをはじめとするED治療薬です。

バイアグラの国内価格は1錠1500円くらいが一般的で、決して安いとは言えない高額な医薬品です。

しかし、これが海外産だと半額以下になることがほとんどで、EDジェネリックを利用すれば10分の1という安価で購入することも可能です。

これほどまでに価格差が出てくるのなら、海外産を個人輸入して利用しようという人が増えても、何の不思議もありませんよね。

そこでED治療薬の個人輸入業代行者が登場したのです。

海外で販売されている様々なED治療薬を在庫にして、利用者の様々なニーズに応えてくれるので、個人で面倒な作業をする必要もなく、通常のネット販売感覚で海外産医薬品を簡単に購入できます。

販売形態として最も多く用いられているのがネットショップです。

検索ワードで欲しいED医薬品を入力すれば、実に多くの個人輸入業者が開設したネットショップが現れてきます。

当然、中には悪徳業者もありますが、信用の高いところを利用すれば、チャンとした正規品を安価で購入することができます

個人で輸入代行で手に入れるのもいい方法ですが、バイアグラもジェネリックを購入すれば1錠110円~150円くらいの価格ですから、税関等の面倒を避けるためにも個人輸入を利用したほうがメリットは大きいと言えるでしょう。

シアリスの通信販売について

服用して嘔吐などの症状を訴える場合
タダシップ、タダリフトなどのインド製のシアリスジェネリックは、バイアグラのように偽造品の可能性があることをご存知ですか?服用して嘔吐などの症状を訴える場合もあるそうです。
偽物を買わない一番の方法はamazonなどの大型通販会社で買うことですが、残念ながら勃起不全治療のジェネリックは販売されていません。ED薬を通販で購入する、シアリスを正しく通販で買う等に関連する本を、送料無料で買うことはできます。

副作用が非常に少ないシアリスを服用したいのに病院に行きたくない場合は、口コミが良く自然な勃起を起こすことができるタダラフィルや、短時間に効果を感じることができる他の種類のEDインド製ジェネリックであるサビトラなども有名です。精神的に負担がないバイアグラ、錠剤が水に溶けやすい性質を持っているレビトラを直接比較して体験してみたい方は、以下を参照してください。参考ですがシアリスはすでに特許が満了となり、多くの国でシアリスのジェネリックが製造されています。

正規品をバイアグラ通信販売で希望することができます。推薦されたクリニックではなくても、安心して本物を買うことができます。海外の個人輸入代行会社では、安全で信頼できるジェネリックED治療薬扱っています。
特許が満了したシルデナフィル、早漏に強いバルデナフィル、服用後30分から24時間効果が持続するタダラフィルなども扱っています。特にアメリカからの医薬品は薬局の包装と一緒に出荷されるため、信頼することができます。

正規品を通信販売のお店を利用する

シアリスジェネリックの1錠あたりの平均的な税込価格は、 国内で市販されているED薬よりもやや高いのが特徴です。そして、バイアグラジェネリックより少し高く1錠あたり600円ですが、効果が持続する時間の面で見ると高価なものではないと思います。

レビトラの購入について

購入をご希望の個人の方は、勃起時に
口コミを見ると、レビトラとジェネリックの製造が中止され供給できないというものがあります。いつ販売が再開されるのか?いつ通販でレビトラとそのジェネリックであるバリフを買うことができるのか?などの質問がありますが、この口コミは本物ではありません。
購入をご希望の個人の方は、勃起時に硬さを手に入れることができるこの薬を、いつでもオンライン薬局で個人輸入での購入が可能です。

40mgもあり種類も豊富で、鼻詰まりのような比較的軽い副作用のみである本物のレビトラのジェネリックの購入方法としては、まず通販をおすすめします。

海外医薬品専門のサイトへ

バイアグラの個人輸入について

効果の作用時間である服用後約30分から
バイアグラ25mgは食後約1時間後に飲まなければいけません。効果の作用時間である服用後約30分から4時間の間に視覚的なものを含む性的刺激があれば、体内に吸収された薬の成分であるシルデナフィルが血管を通し効果を発揮します。性欲の増進とは全く関係ありません。空腹時に服用が推奨されている薬です。その理由としては、例えば脂肪の多い食事をすると時間が経っても体内に油が残っており、ED治療薬の吸収を妨げてしまいます。ED薬の正しい服用方法は食前に胃の中を空にした状態で飲むことです。
副作用として注意しなければならないデメリットは、ニトログリセリン系の硝酸薬とバイアグラは併用することはできないという点です。
バイアグラを服用しても効果が得られないという方には、食事があまり影響しないレビトラの処方が推奨されていますが、この薬が最高の薬だというわけではありません。バイアグラ100mgを処方され1日1回1時間前に服用しても効果が得られなかったという方が試して頂きたい方法があります。錠剤は青色のひし形です。約4年の使用期限等に関する詳細は、メーカーの包装のイメージ画像を参照して下さい。ポイントも貯めることができるAmazonでは、バイアグラを試したい!という冊子を、送料無料で販売しています。参考にしてみて下さい。

輸入代行店はこちら

バイアグラを服用すると、海綿体への効果と同時に「顔のほてり」「目の充血」等の副作用が起こる傾向があります。同時に頭痛も伴う場合もあります。飲酒時に起こる現象と少し似ています。まれに視力障害も起こります。

現在ED薬の平均価格(税込)は、バイアグラ25mg1錠あたり1,300円、バイアグラ50mgあたり1錠1,500円、バイアグラジェネリックOD錠50mg1錠あたり700円、シアリス20mg1錠あたり2,000円、レビトラ10mg1錠あたり1400円程度です。

コンビニや薬局で市販されているピルカッターで薬を半分にすると、1錠あたりの価格が50%のリーズナブルな単価になります。節約の意味だけでなく1錠服用してみて効果が強すぎると感じた方は、ピルカッターを利用して半分に割って飲むことができます。